老人ホーム

有料老人ホームの3つの種類

有料老人ホームには3つの種類があり、それぞれ異なる特徴をもっています。選ぶ際は、それらをよく考えて、自分に合った施設を見つけることが大切です。では、その種類について説明しましょう。
まずは、「健康型有料老人ホーム」です。これは、有料老人ホームの中でも、自立して生活できる人を対象にしたものです。日常生活に支障はなくても、ひとりきりでの生活や、夫婦だけでは不安があるという場合には、このタイプが最適と言えます。健康型は、他者とのつながりを求めて入居する人が多いです。
次に、「住宅型有料老人ホーム」は、基本的に介護サービスがないタイプの有料老人ホームです。介護員が常駐していないため、基本的なサービスは、介護以外の食事などが中心となります。もし介護が必要になった場合は、他の介護事業者と別に契約して、訪問介護を受けることになります。このタイプのメリットは、必要なときだけ介護を受けるので、費用が節約できることです。
そして、3つ目は「介護付有料老人ホーム」です。これは、介護が必要な人を対象にしたもので、職員も常駐しており、手厚い介護を受けることができます。また、そうした介護は、ケアマネージャーが作成した介護計画書に基づいており、個人に合わせた内容となっています。自宅での介護が困難な人にとっては、とても助かる老人ホームなのです。

最新の記事

  • 有料老人ホームを選ぶ際のコツ

    有料老人ホームを選ぶ際は、慎重に検討することが大切です。適当に選んだり、安易に決めてしまうようでは、あとから後悔することも多いでしょう…

  • 有料老人ホームの3つの種類

    有料老人ホームには3つの種類があり、それぞれ異なる特徴をもっています。選ぶ際は、それらをよく考えて、自分に合った施設を見つけることが大…

  • 有料老人ホームを見学する際の注意点

    有料老人ホームを選ぶとき、見学はとても重要なポイントです。何度か見学に行けば、実際の様子を確かめることができるので、自分に合った施設を…

  • 有料老人ホームのメリットとは?

    自立的な生活が困難になった高齢者、つまり老人のための介護施設が老人ホームです。老人ホームには様々な種類のものが存在していますが、その中…